[Blender 2.9+] Cyclesでグローをかける方法

コンポジットを使用して、Cyclesグローエフェクト(発光)を適用する方法を紹介します。


グローエフェクト

Blenderのレンダラーには「EEVEE」「Cycles」があります。
EEVEEの場合、レンダー設定でブルームをONにすれば簡単にグローを表現できますが、Cyclesではレイトレーシングを使用しているため、ポストエフェクトを使用する必要があります。

コンポジッターで簡単なノードを組むだけで適用できるので、その方法を紹介します。

ノード構成のみ知りたい方はこちらです。

マテリアルの作成

まずはいくつか適当にプリミティブオブジェクトを配置してみました。

どれか一つのオブジェクトに新規マテリアルを追加します。
ノードエディターでプリンシプルBSDF内の「放射」の色「放射の強さ」を適当に変更します。

すべてのオブジェクトを選択して、マテリアルを適用したオブジェクトを最後に選択します。
ビューポートでCtrl+Lを押し、マテリアルをクリックすることで、選択したすべてのオブジェクトに一括で同じマテリアルを適用できます。

レンダーエンジンは「EEVEE」のまま、ビューポートでレンダープレビューにしました。
背景はわかりやすいように真っ黒にしてあります。

デフォルトの状態だとただの青いオブジェクトになります。

レンダープロパティ「ブルーム」にチェックを入れることで、下の画像のように輪郭がぼんやりと発光するようになります。

EEVEEでのレンダリング結果です。

レンダーエンジンを「Cycles」に変更します。
するとブルームOFF時と同じように、ただの青いオブジェクトになってしまいます。

Cyclesでのレンダリング結果です。
コンポジッターを使い、こちらの画像にグローエフェクトをかけていきます。

コンポジット

ここからが本題です。

まずは一度「Cycles」でレンダリングしましょう。
レンダリングが完了したら一旦レンダーウィンドウは閉じてしまっても大丈夫です。

次に、エディターをコンポジッターに変更するか、上部のタブからCompositingウィンドウに切り替えましょう。

ノードが表示されない場合は、左上の「ノードを使用」にチェックを入れてください。
追加フィルターグレアを選択し、グレアノードを配置します。

「レンダーレイヤー」の画像と「グレア」の画像を接続します。
グレアノードをCtrl+Shift+左クリックすることでビューアーに出力できます。

ビューアーノードが接続され、背景に結果が表示されます。
左上のレンダーから「レンダー画像を表示」をクリックして、先程レンダリングした画像を表示します。

上部のアイコンから「Viewer Node」選択することで、コンポジット結果を表示できます。
左上の「画像」からファイルを保存することで、画像として出力できます。

これで一通りの設定は完了しました。

グレアについて

グレアノードではタイプの変更と各種調整が可能です。
メインとなるタイプが4種類あり、それぞれ異なる設定項目があります。

「光の筋」シルエットをずらしたような見た目になります。細かく設定ができます。

「ゴースト」上下左右反転コピーしてぼかしを加えた感じです。

「フォググロー」最もスタンダードな輪郭から漏れる光です。

「単純な星型」光の筋を簡略化したようなタイプです。

蝋燭の炎

トップ画像に使用している蝋燭の炎のマテリアルです。
放射透過カラーランプを組み合わせることで、炎のような見た目になっています。

グレアはフォググローを使用しています。

コンポジット結果です。


Cyclesでも簡単にグローエフェクトをかけることができました。
むしろ細かい設定ができ、後から変更もできるので、EEVEEより使いやすいかも知れません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました